IRISO

MENU

CSRへの取り組みCSR INITIATIVES

基本方針

私たちは、「—未来に続く架け橋として—人の心を尊重し、豊かな価値を創り、社会貢献に努める」の経営理念の下、お客様に満足と感動をあたえる製品を常に提供し続けてまいりました。
当社グループの企業活動はグローバルに展開され、当社グループで働く一人ひとりにとってもっとも大切なことは、経営理念をより深く学び、自らが実践して行くことにほかなりません。

今日の企業を取巻く環境は、大きく変化し続けています。品質の優れた製品を供給することは言うまでもありません。更に地球環境の保護、労働環境、リスクマネジメント、社会貢献など、さまざまな側面から社会的責任〈CSR(=Corporate Social Responsibility)〉を果たすべきだという考え方が事業を行う前提条件となっています。

私たちは、経営理念の実践を通じて、お客様、株主、社員を始めとする企業を取巻く全ての人々(ステークホルダー)の信頼や期待にしっかりと応えるように行動して行くことが求められます。その強い想いを社内外に約束するために、ここに「企業行動憲章」を策定し公表いたします。

この企業行動憲章は、社員一人ひとりの日々の活動において当社グループの一員として取るべき行動を示したもので、当社グループの事業活動への社会的信用と信頼を維持向上させ、持続可能な社会の実現に貢献することを目的としています。

イリソ電子工業株式会社
代表取締役社長
鈴木 仁

イリソグループ企業行動憲章

私たちは、持続可能な社会の創造に貢献いたします。

  • 私たちは、お客様に満足と感動を提供し続けて、社会全体に対しても歓ばれ、認められ、そして誇りに思われる企業を目指します。
  • 私たちは、グローバルに展開していく上で、各国の文化・歴史を尊び、人の心を尊重する経営に努めます。
  • 私たちは、社員一人ひとりが目的意識を持って行動し、常に挑戦し、たゆまない努力を続けることで、自己実現を図り幸せで豊かであり続けられるように心がけます。
  • 私たちは、科学技術の発展に寄与し、地域社会から認められて支持されるように社会貢献に努めます。
  • 私たちは、健全な市民社会の形成に寄与するために、反社会的勢力に対して毅然たる態度で臨み、断固として排除します。

お客様と

  • 私たちは、魅力ある優れた製品を開発して供給し続けてまいります。
  • 私たちは、お客様のニーズを先取りした上で最高の技術力を駆使して、品質第一主義に徹します。
  • 私たちは、競争が激しくとも、法令や社会倫理に反してまで売上や利益の追究を行わず、法令を遵守し公正な営業活動を最優先します。
  • 私たちは、お客様の個人情報の保護を徹底します。

仕入れ先と

  • 私たちは、グローバルな調達先と公正かつ対等に取引を行ってまいります。
  • 私たちは、公平性と透明性を確保し、良好なパートナーシップを築くことを目指します。
  • 私たちは、法令遵守、品質・安全性、環境保全、情報セキュリティ、安全衛生、人権・労働などに考慮した購買取引に努めてまいります。
  • 私たちは、知的財産権の創造・保護・活用を図るとともに他者の知的財産権を尊重します。

株主と

  • 私たちは、長期的な安定成長を実現し、企業価値の向上を図ってまいります。
  • 私たちは、適時開示の原則に基づき、公平かつ適切な情報開示に努めます。
  • 私たちは、社会との双方向のコミュニケーションを促進し、経営の透明性を高めてまいります。

社員と

  • 私たちは、社員が個性と意欲を発揮しグローバルに活躍する場を提供いたします。
  • 私たちは、社員の人格、個性を尊重し、お互いの多様性を認め合い、活躍できるように努めてまいります。
  • 私たちは、基本的人権を尊重し、差別のない公正な労働条件と雇用の機会均等を図り、明るい職場作りに徹します。
  • 私たちは、社員との積極的かつ誠実な対話を通じて、健全な関係の構築に努めてまいります。

地域社会・国際社会と

  • 私たちは、人類共通の課題である環境問題への解決に向けて取組んでまいります。
  • 私たちは、環境汚染の防止に努め、環境目的・目標を定期的に見直すと共に、環境マネジメントシステムの継続的改善を図ってまいります。
  • 私たちは、社員への環境保全活動に関する教育を実践し、理解と意識の向上に努めてまいります。
  • 私たちは、地域社会との交流を図り、社員の自発的な社会参加を支援してまいります。
  • 私たちは、グローバルな事業活動において、国際ルール、現地の法令を遵守し、現地への定着を図ってまいります。
  • 私たちは、現地における文化、慣習を尊重し、その発展に貢献します。

イリソグループ企業行動憲章細則

Ⅰ.イリソグループの一員として

社会的責任の自覚

私たちは、当社の社会的責任を常に認識し、健全かつ適切な業務運営を行います。
私たちは、部品メーカーですが、人々の役に立つ電子機器類が社会に供給されることを通じて、社会に貢献します。

良識ある社会人を目指す

私たちは、法令遵守はもちろんのこと、倫理的行動を実践し、社会からの信頼、共感を得られるような行動を取ります。社会から信頼を得るためには、一人ひとりに高いレベルの知識、見識、規律が求められます。毎日の小さな信頼の積み重ねがあってこそ信頼は高まっていくのです。

法令と企業倫理の遵守は経営の根幹

私たちは、常に業務のあらゆる場面で法令と企業倫理を遵守して、業務を遂行します。
また、私たちは、社会を脅かすような反社会的勢力、団体等に対しては、毅然とした態度で対応します。

Ⅱ.すべてのお客様の満足と信頼のために

お客様満足の実現

私たちは、魅力ある優れた製品を供給し続けていくことが、重要だと考えています。

品質第一主義

私たちは、お客様のニーズに単に応えていくだけではなく、お客様がどのように実現していけばよいかというウォンツに対してまで対応出来うる品質第一主義に徹します。

情報管理

私たちは、顧客情報、個人情報などを適切に管理します。

海外文化の尊重

私たちは、海外のお客様と取引をするにあたっては、輸出入規制関連法を遵守することはもちろんのこと、国際ルールや現地の法令を遵守し、現地の文化や慣習を尊重した行動をとるように努めます。

Team IRISO の実現

私たちは、一人ひとりの熱い思いで、個人を超越し、グローバル企業としての『Team IRISO』を目指します。

Ⅲ.調達先と

公平かつ公正な取引

私たちは、独占禁止法、下請法及び不正競争防止法その他国内外の競争関係法を遵守し、調達先と取り交わした契約条件を守り、対等な立場で事業活動を推進します。営業上の不正な利益を得るために、賄賂や金銭その他の供与及び要求、受取を行いません。
調達先は、国内外問わず、当社のための事業または事業上の便宜の獲得または維持を目的として、第三者に不正な職務行為を行わせることを意図し、第三者の不正な職務行為の対価として、または第三者による金銭等の受領自体が不正な職務行為を構成することを認識しながら、当該第三者に対し、直接または間接に、金銭等を供与し、約束し、または申し出ないこと、さらに、当社に関係する事業を行うにあたり、第三者のためにする不正な職務行為に関して、金銭等を要求し、この受領を約束し、または、これらを受領することは行いません。

常に謙虚な気持ち

私たちは、不当な相互取引、不当な買いたたき、受領拒否、返品、支払遅延、購入・役務利用の強制、不当な経済上の提供要請の禁止など優越的な地位を利用した行為は一切行いません。また、個人的な利益供与も受けません。

調達先の選定

私たちは、物品・サービスの調達に際して、価格・納期などの当社の調達基準に従い、公平・公正な取引関係を維持してまいります。また、国際的に自社のみならず、サプライチェーンを包含した社会的責任が問われる時代となっていること、また、自社のサプライチェーンが国内のみならず世界各国・地域に拡大していることを踏まえ、私たちの調達ガイドラインを制定・公開するとともに、調達先にこれを提示し、法令遵守、品質・安全性、環境保全、公正取引・倫理、安全衛生、人権、労働などに関して、私たちと同様の取り組みについて協力を要請するなど、サプライチェーン全体で社会的課題の解決に努めます。

知的財産権の尊重

私たちは、特許、商標などの知的財産権を尊重し、他者の知的財産権を尊重し合える企業風土をつくります。

紛争鉱物の調達

武力紛争、人権侵害、環境破壊、安全衛生の阻害などに係る鉱物及び物品の調達は行いません。

Ⅳ.株主と

基本的な考え方

私たちは、長期的な安定成長を通じて、企業価値の向上に努め、幅広くステークホルダーとの関係を高め、異なる価値観に基づく意見、ネガティブな情報にも耳を傾け、真摯に対応します。

インサイダー情報の管理

私たちは、自社や取引先に関する重要情報の管理には細心の注意を払い、インサイダー取引は断じて行いません。

適時開示の情報

私たちは、株主を始めとするステークホルダーに対し、信頼性のある有用な情報を適時に、提供するように努めます。

法令の遵守

私たちは、関連法令・規則を遵守して適時・適切な開示に努めるとともに、公平かつ公正に対応します。

Ⅴ.社員と

人材の育成

私たちは、専門性、創造性、挑戦意欲にあふれた人材の育成に注力するとともに、ワーク・ライフ・バランスの実現に努めます。

人権の尊重

私たちは、人種、信条、性別、年齢、性的指向、性同一性、社会的身分、国籍、民族、宗教、皮膚の色、障がいの有無、妊娠、所属政党・政治的見解、組合員であるかどうか、結婚歴その他の違いによる差別、セクシャルハラストメント、パワーハラストメント、誹謗や中傷などの嫌がらせなど人権尊重に反する行為や差別を行いません。

プライバシーの尊重

私たちは、グローバルに展開していく上で、お互いの多様な価値観を認め合い、一人ひとりのプライバシーを尊重し明るい職場づくりに努めます。

安全衛生

私たちは、仕事に安心して取り組めるように、心身の健康維持や安全第一に努め、安全・衛生が確保された職場環境づくりに努めます。

非人道的な取り扱いの禁止

私たちは、雇用・採用に当たっては一切の差別を行わず、均等に機会を提供するとともに、各国の法律に基づいた就労年齢を遵守します。

情報セキュリティ

私たちは、公私のけじめをつけて、ネットワークを含む社内の情報システムや会社の資産を大切に取り扱い、不正に使用することが無いように努めます。

機密情報の取り扱い

私たちは、退職に当たり、在職中に知りえた営業機密その他の企業情報等を、会社の許可なくして、勝手に持ち出したり漏えいしません。

Ⅵ.環境・地域社会・国際社会と

地球に優しく

私たちは、事業活動の中に地球環境に関する取り組みを明確に位置づけ、地球環境保護・保全、すなわち低炭素社会の構築、循環型社会の形成、環境リスク対策、生物多様性の保全等に役立つ行動を積極的に行います。

環境に配慮した製品開発

私たちは、社会共通の課題であるさまざまな環境問題(地球温暖化、環境負荷物質、化学物質管理、廃棄物、リサイクル問題等)に十分に配慮し、製品企画・開発及び製造に反映させます。

環境教育

私たちは、職場におけるオフィス系ゴミの低減、リサイクル・省エネ活動などの環境活動にも積極的に取り組みます。また、それらの教育・啓蒙活動を通じて環境意識の高揚に努めます。

地域社会との交流

私たちは、地域社会の一員として、より良い暮らし・豊かな社会づくりのために社会貢献活動に参加し、地域社会との交流を図るように努めます。

グローバルな視野と行動

私たちは、グローバル経済の中で事業活動を行っており、現地の法律を遵守し、国際ルールを踏まえた行動規範を尊重するように努めます。

グローバルマインド

私たちは、現地の社会事情を理解し、その文化や慣習、宗教等に十分配慮した事業活動を行うとともに、日本的文化、価値観の普及・理解によって相互融和を図れるように努めます。

節度ある関係

私たちは、営業上の利益を得るために、賄賂や金銭その他の供与及び要求、受取を行いません。
私たちは、当グループの事業を遂行する国・地域に適用されうる贈収賄の禁止に関する法令等を遵守し、公務員及びこれに準じる者(以下、公務員等)への賄賂の授受を禁止するとともに、当社のための事業は事業上の便宜の獲得または維持を目的として、公務員等の職務行為に影響を与えることを意図し、当該公務員等に対し、直接または間接に、金銭その他一切の利益または便益の供与、約束若しくは申し出、またはこれらを承認しません。
私たちは、当グループを代理して事業またはその一部を遂行する者や当グループの取引相手に対しても、これら贈収賄の禁止に関する法令等の遵守を求めます。

ESGへの取り組み

当社のESGへの取り組みについては、こちらのページをご参照ください。