コネクタメーカー イリソ電子工業

MENU

調達方針Procurement Policy

イリソ電子工業グループ調達方針

イリソ電子工業グループは、材料や部品などの資材を調達するお取引先様を、“事業活動に不可欠なパートナー”と考え、透明、公正な取引を通じて信頼関係の構築に努めています。

イリソ電子工業グループは、お取引先様との緊密な協働のもとに、品質の向上やコスト削減、グリーン調達などに取り組みます。

イリソ電子工業グループは、法令遵守をはじめ環境や社会的責任への取り組みに配慮して、相互の発展によるグローバルパートナーシップを築き、公平・公正な評価に基づく調達を推進します。

イリソ電子工業グループは、以下を骨子とするCSR調達ガイドラインに則り調達を行います。

調達先の選定について

当社グループは物品・サービスの調達に際しては、従来からの評価項目である品質・安全・環境・価格・納期などの当社の合理的な判断による公正な評価に加え、更に拡大する企業の社会的責任(CSR)の取組み要請に沿うために以下の各項目に関して、取引先様にも自発的活動として共通の認識としていただきたいと考えています。

人権について

当社グループは、人権侵害・環境破壊などのリスクや、不正や武装勢力の活動資金源となる懸念のある「紛争鉱物」をサプライチェーンにおける重要な社会問題として認識しています。 当社グループは、調達活動における企業の社会的責任を果たすため、「紛争鉱物」を使用しない方針であり、こうした懸念のある鉱物の使用回避に向け、サプライチェーン全体で責任ある鉱物調達に取り組みます。

公平かつ対等な取引

当社グループは法令・社会規範(児童労働・強制労働の禁止、腐敗の防止をはじめとする世界各国の法律・基準・条約など)を遵守し、お取引先様と取り交わした契約条件を守り、対等な立場で事業活動を推進します。

環境への配慮

当社グループは社会共通の課題であるさまざまな環境問題(地球温暖化、環境負荷物質管理、廃棄物、リサイクル問題等)に十分に配慮したグリーン調達を推進します。

情報の適正な管理・保持

当社グループはお取引先様・第三者・自社従業員の個人情報およびお取引先様や第三者から受領した機密情報を適切に管理・保持します。

 
 

CSR調達ガイドライン

イリソ電子工業グループは、人権侵害・環境破壊などのリスクや、不正や武装勢力の活動資金源となる懸念のある「紛争鉱物」をサプライチェーンにおける重要な社会問題として認識し、CSR調達ガイドラインを定めております。

 
 

紛争鉱物調査

イリソ電子工業グループはコネクタの端子等へのめっきの材料として金と錫を使用しています。また、金めっきには微量のコバルトが含有されています。他の紛争鉱物である、タンタル、タングステン、マイカについては製品に使用しておりません。

紛争鉱物について、CSR調達ガイドラインで「直接的または間接的に違法な武力紛争を助長したり、人権侵害、環境への危害、または健康と安全に隠れた危険を伴う行動を支援したりすることを防ぐため自ら義務を果たし、出所の確かな鉱物を使用するように合理的な行動を取るものとする」という方針を明確にしています。このため、サプライヤーチェーンを遡ってRMI(Responsible Minerals Initiative)が発行するCMRT(Conflict Minerals Reporting Template)に加え、EMRT(Extended Minerals Reporting Template)を利用した製錬/精製所調査を定期的に行っています。

調査結果(2022年度)

調査対象のサプライヤー様:102社
回答率:CMRT100%、EMRT100%
特定した製錬業者様: 117社(EMRT 63社、CMRT 54社)
武装勢力の資金源となっている紛争鉱物の使用は確認されていません。

 
 

サプライヤー様とのコミュニケーション

イリソ電子工業グループの事業方針、調達方針などをご理解いただき、サプライヤー様と信頼関係を深め、コミュニケーションを図ることを目的に、主要なサプライヤー様向けに、2017年から毎年、事業計画説明会を開催しています(新型コロナウィルスの影響により中止期間あり)。

その中で、BCP対応、CSR調達ガイドライン、紛争鉱物対応、グリーン調達基準書、気候変動対応など、当社のサステナビリティに関する考え方の説明と協力の要請も行っています。